気軽に楽しむダイビング

最適なダイビングの服装

海上で過ごしやすいダイビングの服装

海上で過ごしやすいダイビングの服装 ダイビングで海中にいる時間は、水深の浅いスポットであれば1時間以上海中にいる時もありますが、通常は1本で30分~45分です。タンク内の空気には限度があるためです。
2本のダイビングをする場合は陸上に2時間以上います。次のダイブ備え、ウエットスーツを着たまま、上半身を脱ぎ半身着た状態で過ごすことが多くあります。
服装としては身軽で羽織れるボートコートやウインドブレーカーなどが良いでしょう。波風のあるボート上でも水しぶきから身を守り、体を冷やさずに済むからです。
またTシャツなどもお奨めです。海水で濡れることを前提に日焼け止め帽子として使用すると良いでしょう。できればサングラスと帽子も用意したい所です。
忘れがちな足元は、滑りやすい場所を移動することを前提に足裏が滑りにくくなっているサンダルが良いでしょう。
ビーチサンダルもビーチでは良いのですが、岩場やボート上は滑りやすいので、よく足裏を確認し使用することをお奨めします。
着脱が簡単、濡れる、滑りやすい、日焼け防止、風を受けるボート上の保温の5点がダイビングをする上での服装のポイントです。

持ち物無しで手ぶらダイビング

日本人の多くはマリンスポーツが大好きですが、綺麗な海の中を楽しめるダイビングに興味を持っている方も非常に多いようです。
しかし、初心者にとってどう始めたら良いのか、分からない場合もあるのようです。
現在、多くのダイビングショップが、全国各地にありますが、初心者でも気軽に楽しめるように、体験ダイビングと呼ばれるサービスを展開している業者も多くなっているので、利用してみては如何でしょうか。
特に、沖縄などの観光地では、持ち物なしで利用できる体験ダイビングは非常に人気になっています。旅行などで観光したい場合は、なるべく持ち物なしで楽しみたいのではないでしょうか。
そのような場合でも、このようなサービスを利用する事によって、気軽に海の美しさを楽しむ事が可能になります。小心者だけではなく、玄人の方でも、便利に利用できるので、試してみる価値は高いと言えるでしょう。
綺麗な熱帯魚や、サンゴ礁を楽しみながら、日頃の疲れを癒してみましょう。

Copyrignt(c) 2016 気軽に楽しむダイビング All Rights Reserved.