気軽に楽しむダイビング

最適なダイビングの服装

ダイビングで大切なホバリングのスキル

ダイビングで大切なホバリングのスキル 海に潜ることに慣れて来ると大切なスキルが海中でのホバリングです。
中性浮力をとり水深を維持しながら海中で制止することです。
海底にサンゴが広がる海にダイビングする時や浮上時の水深5mの安全停止に必要なスキルです。
ダイブスポットによってはサンゴの保護のためホバリングスキルを持っていなければ、潜ることができないスポットもあります。
海底に脚を付ければ、フィンでサンゴを折ったり傷めてしまうからです。
安全停止でピタリと止まるコツは、目線と落ち着いた浅い呼吸です。
深い呼吸は肺内の空気量が大きく変化するため、体が上下に動きがちです。
ボートから水深5mのバーを下ろしていることも多いので、バーを目安に浅い呼吸を心掛けます。
バーを下ろし地ない時はアンカーを目安にします。
ダイビングを楽しんでいる時より水深が浅くなっているため、体にかかる水圧が小さくなり、体は浮きがちです。
その時は、水深計を確認しながら吐き気味の呼吸を心掛けると良いでしょう。

ダイビングを楽しむための技術

ダイビングスクールでオープンウォーターの資格を取り、ダイバーデビューを果たすと海に潜るのが楽しくなってきます。
何度も潜っているとオープン講習やアドバンス講習だけでなく、様々なスキルを身に付けたいと感じる人も数多くいます。
レベルを上げたい技術は無数にありますが、中でも「うまく移動するスキル」と「良い写真を撮る技術」を求めるダイバーは多くいます。
ドリフトダイブのように流れがあるスポットを潜る場合は泳ぐ力が必要です。
泳ぐ力が乏しいダイバーの多くは、足の動きが自転車を漕ぐように膝を曲げ速く動かしています。
フィンが水を掴まえていないため、足の動きが泳ぐ力に転嫁できずにいます。
フィンが水を掴んでいれば、速く動かす必要はありません。
膝を曲げないように足首を伸ばすようにすると良いでしょう。
フィンが水を掴む感覚を覚えることが大切です。
またダイビングできれいな車威信を取るコツは、ホバリングと光量です。
被写体は可能な限り下から煽る様に撮り、光量を確保します。
マクロ撮影などでは接写しいなければなりませんが、魚たちはダイバーの吐く息に反応するため、モニターで確認しながら浅い呼吸でゆっくり近づきます。
魚達は威嚇のため顔を向けていることが多いので、生態を知り横を向く瞬間を予測しながら撮影します。
左手で誘いながら横を向く瞬間を狙うなどの方法も効果的です。

Copyrignt(c) 2016 気軽に楽しむダイビング All Rights Reserved.